血圧が高いことがわかったら、早めに生活習慣の改善を始めましょう

血圧の高い状態を放っておくと命にかかわる重病を引きおこす

特定健康診査(メタボ健診)で行われる血圧測定は、動脈硬化と密接な関係のある高血圧について調べます。

血圧とは、血液が血管の中を通るとき、血管壁を押す圧力のことをいいます。心臓が収縮して血液を送り出したときの血圧が「収縮期血圧(最大血圧)」、心臓が拡張して心臓に血液が入ってきたときの血圧が「拡張期血圧(最小血圧)」です。高血圧は、この両方あるいはどちらかが高い状態を指します。

高血圧の場合、自覚症状が現れることはほとんどないため、メタボ健診で血圧が高いことがわかっても、なんの対策も講じない人が少なくありません。ところが、血圧が高い状態を放っておくと、血管は弾力を失い、血管が厚く硬くもろくなります(動脈硬化)。

動脈硬化が進むと脳卒中や心筋梗塞、腎臓病、心不全といった命にかかわる病気を引きおこす原因になります。

さらに、メタポリックシンドロームの元凶である内臓脂肪が多く蓄積すると、血圧の上昇を招き、動脈硬化がより進みやすくなることもわかっています。

遺伝的な要因により血圧が高くなる人もいますが、血圧の上昇には、不適切な生活習慣が深くかかわっています。メタボ健診で血圧が高いことがわかったら、早めに生活習慣の改善に取り組み、動脈硬化の進行を防ぎましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする