善玉コレステロールを増やして動脈硬化を防ごう

特定健康診査(メタボ健診)で行われる「HDLコレステロール測定」は、血液中に含まれるHDLコレステロールの量を調べる検査です。HDLコレステロール値が低いと動脈硬化が進みやすくなるので、数値の低い人は生活を見直し、検査値の改善を図りましょう。

動脈硬化の進行を抑える善玉コレステロール

コレステロールは体内に存在する脂質の一種で、細胞膜やホルモンの材料になるなど、からだに必要不可欠な物質です。

コレステロールの多くは肝臓でつくられ、血流にのって全身の細胞に運ばれます。その際、脂であるコレステロールは、そのままでは血液に溶けないため、たんばく質などとくっついた「リポたんばく」という血液になじみやすい形で血液に混じり、全身を巡っています。

リポたんばくのうち、全身にコレステロールを運ぶ役割をするのがLDLコレステロールです。

血液中にLDLコレステロールがふえすぎると血管壁にたまり、動脈硬化を引きおこします。そのため、LDLコレステロールは「悪玉」とも呼ばれています。

一方、HDLコレステロールというリボたんばくは、血管壁にたまった余分なコレステロールを回収し、肝臓へ戻す役割を果たしています。動脈硬化を防ぐ働きがあるため、「善玉」とも呼ばれています。

HDLコレステロールを減らす中性脂肪

血液に含まれる脂質には、コレステロールのほかに中性脂肪もあります。血液中に中性脂肪がふえすぎると、LDLコレステロールが血管壁の中に入り込みやすくなり、動脈硬化が促進されます。

また、中性脂肪がふえるとHDLコレステロールは減り、余分なコレステロールが回収されにくくなるため、動脈硬化が進みやすくなります。脳や心臓の血管で動脈硬化が進むと、心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる重病を発症する危険性が高くなります。

HDLコレステロール値が判定値を下回っている人は、生活習慣を改善し、動脈硬化を防ぐ対策を始めましょう。

HDLコレステロールをふやす日常生活のポイント

・「禁煙」すればHDしコレステロールがふえる

タバコに含まれる有害物質は、血液中のHDLコレステロールを減らす働きをします。喫煙者は、すぐに禁煙しましょう。

・速歩きやジョギングなどの有酸素運動を習慣にする

運動量が多い人ほど、HDLコレステロール値が高いことがわかっています。とくに、速歩きやジョギンクなどの有酸素運動は、HDLコレステロールをふやす効果があります。運動をつつけてHDLコレステロールがふえれば、中性脂肪を減らすことにも役立ちます。

・内臓脂肪型肥満を防ぐ

おなか周りに脂肪がたまる内臓脂肪型肥満になると、脂賀異常症になりやすく、中性脂肪もふえます。脂っこいものや甘いものを控え、腹囲と体重を適正に保ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする