悪玉のLDLコレステロール値が高い人は要注意

特定健康診査(メタボ健診)で行われる「LDLコレステロール測定」は、血液中に含まれるLDLコレステロールの量を調べる検査です。この数値が高い人はメタボリックシンドロームに該当していなくても、動脈硬化が進みやすいため、早めの対策が必要です。

数値が高いと動脈硬化が進みやすい

脂質であるコレステロールは、そのままの状態では血液に溶けないので、たんばく質などがくっついた「リボたんばく」という形で、血液中を流れています。

リボたんぱくのうち、からだのすみずみまでコレステロールを運ぶものをLDLコレステロールといいます。LDLコレステロールは、血液中にふえすぎると、血管壁の中に入り込みます。すると、それを免疫細胞が食べはじめます。

LDLコレステ口-ルを食べつづけた免疫細胞は、ドロドロした泡沫細胞となり、それが血管壁を厚くして血管が硬くなっていきます。これがいわゆる動脈硬化の状態です。

心臓に血液を供給している冠動脈や、脳の血管でこの動脈硬化がおこれば、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる病気の発症につながります。そのため、LDLコレステロールは「悪玉コレステロール」とも呼ばれています。

逆に血管壁にたまったコレステロールを回収するのがHDLコレステロールで、こちらは「善玉コレステロール」と呼ばれます。

内臓脂肪型肥満の人はさらに危険

やせている人より肥満の人(とくに内臓脂肪型肥満の人)は、動脈硬化が進みやすいことが知られています。ただし、LDLコレステロールが高ければ、やせていても動脈硬化が進みやすくなります。

さらに、血液中に中性脂肪がふえすぎると、LDLコレステロールが小型化し、血管壁の中に入り込みやすくなり、動脈硬化が促進することもわかっています。そこで、メタボ健診では、LDLコレステロール値とともに「腹囲」や「中性脂肪」の備にも注意を向けることが大切です。

LDLコレステロールを減らし、動脈硬化を防ぐ生活習慣

LDLコレステロールがふえる理由としては、遺伝的要素や、閉経による女性ホルモンの減少、食事の内容などがあげられます。

・日本食を積極的にとろう

欧米風の食事に比べて伝統的な日本食は動脈硬化を防ぐことが、わが国の多数の研究でわかっています。減塩に注意したうえで、日本食を積極的にとりましょう。

・飽和脂肪酸をとりすぎない

肉の脂身などに多く含まれる飽和脂肪酸は、体内でLDLコレステロールや中性脂肪をふやす働きがあるため、とりすぎに注意しましよう。

・青背の魚を積極的に食べる

青背の魚に多く含まれるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸には、青背の魚や中性脂肪を減らす働きがあります。

・食物繊維を積極的にとる

食物繊維は、小腸でのコレステロールの吸収を抑え、LDLコレステロールを減らす働きがあります。

・運動することを習慣にする

運動をすると、善玉コレステロールがふえて中性脂肪が減るので、LDLコレステロールの小型化が少なくなり、動脈硬化の進み方が緩やかになります。ウオーキングやジョギンク、サイクリンクなど、手軽にできる運動をできれば週3回以上つづけることを目標にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする