ふえすぎると動脈硬化を進める「中性脂肪」

動脈硬化を促進し心筋梗塞などのリスクが高まる

中性脂肪は、食事からとり入れた脂質をもとに小腸でつくられるほか、脂質や糖質、アルコールなどから肝臓でもつくられます。そして、血液にのって全身に運ばれ、からだを動かすためのエネルギー源として利用されます。

食べすぎや運動不足で中性脂肪が過剰になると、肝臓にたまって脂肪肝の原因になったり、脂肪細胞にたまって肥満の原因になります。

動脈硬化は、悪玉のLDLコレステロールが血管壁の中に入り込んで進行しますが、血液中の中性脂肪がふえすぎると、LDLコレステロールが小型化し、血管壁に入り込みやすくなり、動脈硬化を促進します。

また、中性脂肪が多いと、善玉(HDL)コレステロールが減少します。HDLコレステロールは、血管壁にたまったコレステロールを回収する働きがあるため、減少すると血管壁へのコレステロールの沈着が加速し、動脈硬化が進んでしまいます。

コレステロールや中性脂肪は、血管内腔に蓄積していき、最終的にはそれが血流を止め、心筋梗塞や脳梗塞を発症させます。

中性脂肪値を下げるには食べすぎと運動不足の改善を

中性脂肪値が高い人は、お酒や甘いものが好きで運動不足という人が多いようです。中性脂肪値は、食べる量を減らしたり運動をするなど、毎日の生活を少し変えるだけで確実に下げることができます。

メタボ健診で中性脂肪値が高かった人は、食べすぎ・飲みすぎや運動不足など不適切な生活習慣でないかどうか見直してみましょう。全部を変えるのは無理という人も、下記の改善ポイントのうち、まずはできそうなことから始めてみてはいかがですか。

中性脂肪を下げるポイント

・青背の魚を積極的に食べる

青背の魚に含まれるEPAやDHAという油には、中性脂肪を減らす働きがあります。

・野菜・海藻類、豆類を意識してとる

これらは食物繊維を豊富に含む食材です。食物繊維は、脂質や糖質の吸収を抑えてくれます。

・アルコール飲料は適量に

お酒を飲む人は適量(ビールなら1日に中びん1本、日本酒なら1合、ウインならワイングラス2杯程度まで)を守りましょう。

・満腹になるまで食べない

腹囲やBMlが基準値を超えている人は、食べすぎに注意しましょう。

・主食を食べすぎない

ごはんやパン、めん類などに含まれる糟賀は、肝臓で中性脂肪に変化します。

・果物や和菓子にも要注意

比較的ヘルシーと思われている果物に含まれる果糖や、和菓子に含まれる砂糖やでんぷんも、とりすぎると中性脂肪として蓄えられます。

・今より1000歩プラスして歩こう

運動をすると、中性脂肪がエネルギー源として使われます。なにか特別な運動をしなくても、毎日あと1000歩プラスして歩くだけでOK。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする