「5つの健康習慣」でがんのリスクが4割減!

現在の統計からは、2人に1人が生涯において一度はがんにかかるだろうと推計されます。一方で、禁煙や節酒などの「5つの健康習慣」を実践することで、がんになるリスクが大きく低下するというデータがあります。生活習慣を改善し、がん予防を目指しましょう。

1つでも多くの健康習慣を身につけよう

国立がん研究センターをはじめとする研究グループは、禁煙や節酒、食生活の見直し、身体活動、適正体重の維持といった5つの健康習慣について、実践している人としていない人では、将来がんになる確率がどれくらい違うのかを追跡調査しました。

その結果、これらの健康習慣を5つとも実践する人は、0~1つしか実践していない人に比べて、がんになるリスクが男性で43%、女性で37%低くなることが示されました。今すぐ生活習慣を見直し、次の5つの健康習慣を1つでも多く身につけましょう。

①禁煙する

喫煙は肺がんをはじめ、食道がん、膵臓がん、胃がんなど多くのがんに関連しています。自分が吸わないのはもちろん、他人のタバコの煙(受動喫煙)も避けましょう。

②禁酒する

多量飲酒で、食道がん、大腸がん、乳がんのリスクが高まります。お酒を飲む人は、ビールなら1日に大びん1本までなど、適量を守り、飲めない人は無理に飲まないように。

③食生活を見直す

塩分のとりすぎは胃がんのリスクを高めるので、減塩しましょう。野菜や果物をとると、食道がん、胃がん、肺がんのリスクを低くできる可能性があります。熱すぎる飲み物や食べ物は食道がんのリスクになるので、冷ましてから。

④からだを動かす

活発な身体活動で、結腸がんやがん全体のリスク低下が期待できます。今より毎日10分多く歩いたり、週2日以上は30分以上の運動をするなど、からだを動かす時間をふやしましょう。

太りすぎはもちろん、やせすぎもがんのリスクが高くなります。国立がん研究センターでは、がん予防のために男性はBMIを21.0~26.9、女性は21.0~24.9の範囲にすることをすすめています。

※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする