きっぱリタバコをやめてみませんか?

毎年5月31日は、WHO(世界保健機関)が定めた世界禁煙デー。WHOが喫煙者に対して24時間喫煙を控えるよう呼びかけるとともに、世界中の人々に喫煙と健康問題についての認識を深め、適切な対策を実践するよう求める日です。

わが国でも、厚生労働省が世界禁煙デーから始まる1週間(531日~6月6日)を「禁煙週間」として普及啓発を行い、自治体や企業などによる禁煙を呼びかけるイベントが全国各地で開催されます。

タバコを吸う人はもちろん、吸わない人も、この機会に今一度、タバコの害について考えてみましよう。そして喫煙者は、ぜひ禁煙にチャレンジしてみてください。

病気のリスクを高め、寿命を減らすタバコの害

タバコの煙には、200種類の有害物質が含まれており、そのうちの約60種類に発がん性があるとされています。タバコと関連の深いがんといえば、肺がんや喉頭がんなど、タバコの煙が直接触れる呼吸器のがんがよく知られていますが、実はそれだけではありません。タバコの有害物質は血液にのって全身に運ばれるため、胃がんや食道がん、膵臓がん、膀胱がんなど、全身のがんのリスクを高めるのです。

さらに、タバコは虚血性心疾患や脳卒中のリスクを高めることもわかっています。タバコの有害物質には、血管の内皮を傷つける作用、血栓をできやすくする作用、血圧を上昇させる作用などがあり、これらの相互作用で動脈硬化が促進され、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。

また、近年は「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」のリスクも叫ばれています。COPDとは、肺気腫や慢性気管支炎などを併発する病気で、別名”タバコ病”とも呼ばれています。せきや疾、息切れなどといった症状が慢性化し、それでも喫煙を続けていると、息切れによって日常生活が困難になり、最悪の場合は死に至ることもあります。

家族や職場の人も危険に巻き込む「受動喫煙」

タバコの害を被るのは、タバコを吸っている本人だけではありません。タバコを吸わない人が、自分の意思とは関係なしにタバコの煙を吸ってしまうことを「受動喫煙」といい、受動喫煙による健康被害は、喫煙者のそれを上回るといわれています。

タバコの煙には、喫煙者本人が吸う「主流煙」と、吐き出す「呼出煙」、火の点いたタバコの先端から立ちの
ぼる「副流煙」の3種類があり、中でも有害物質の濃度が最も高いのが副流煙です。

受動喫煙では、この副流煙と呼出煙が混ざった煙を吸わされることになります。タバコを吸っていないのに、喫煙者本人よりも有害な煙を吸わされているということです。喫煙という行為は、まさに家族や職場の人を痛気の危険にさらす行為でもあるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする