環境の変化がもたらすストレス「五月病」に対処する「ストレス・コーピング」

春は新入学、新入社、人事異動などで環境が大きく変わる季節です。環境の変化は気分を一新させてくれる一方で、大きなストレスになることもあります。この時期によく見られる倦怠感や無気力感、憂うつな気分等は五月病、つまり環境の変化がもたらすストレスが原因かもしれません。

ストレスにうまく対処する術、「ストレス・コーピング」を身につけて、五月病を予防しましょう!

他人事ではない!?誰にでも起こりうる五月病

五月病とは、5月の連休が終わった頃に焦りや不安、倦怠感や無気力感に襲われ、急激に仕事や勉強、家事への意欲を失ってしまう状態を示す俗称です。もともとは、厳しい受験戦争を勝ち抜いてきた新入学生に、5月の連休を境に急激に気力を失う人が多いことから、その名で呼ばれるようになりました。

ただ、五月病は環境の変化がもたらすストレスによるものなので、学生に限らず、就職や転勤、引っ越しや子どもの独立などで環境が大きく変わったときは、誰にでも起こりうる症状といえます。

新しい環境に適応しようと気を張っているうちは、本人もストレスに気づきにくいものです。しかし、それがひと段落する連休明けから6月にかけて、蓄積されたストレスが心身の不調となって表面化することがあるのです。

ストレスへの対処が遅れるとうつ病の引き金になることも

五月病の症状は通常一過性で、1~2力月もすれば自然に消失します。しかし、ストレスにうまく対処できず、症状を長引かせると、うつ病発症の引き金になることもあります。五月病の悪化やうつ病の発症を予防するためにも、思い当たる症状があれば、早めに対処することが重要です。

そこで、身につけておきたいのが 「ストレス・コーピンク」 です。コーピングとは、「問題に対処する」という意味で、ストレスにうまく対処すること、あるいはその技術のことをストレス・コーピンクといいます。

ストレス・コーピンクにはさまざまな方法がありますが、次頁に主な方法の特徴や具体的な対処例を紹介します。自分に合った方法を組み合わせながら、ストレスに対処してみましょう。

→五月病予防に役立つ「ストレス・コーピンク」の方法

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする