外反母趾の痛みがひどくなる。改善法を知りたい

変形が進むと歩くのも国難に

Q.52歳、女性。外反母趾に悩まされています。普段、幅の広い靴を履いていますが、ゆびのつけ根にたこができやすく、痛みがひどくなっています。手術をしたほうがよいのでしょうか。日常生活で改善できることがあれば教えてくだきい。(静岡県 C)

A.外反母趾とは、母趾(足の親ゆび)のつけ根が内側にせり出し、つま先が第五趾(足の小ゆび)側に曲がる病気です。これは、親ゆびにつながる第一中足骨の先端部分(ゆびのつけ根付近)が内側に倒れているためです。ご相談者の痛みは、この内側にせり出した第一中足骨の先端部分(骨頭)と靴の間に挟まれた皮膚の下にある袋(滑液包)が炎症をおこしたことが原因です。

外反母趾が進むと、親ゆびが第二趾の上や下に重なり、第二趾が脱臼することもあります。この場合、第二趾のつけ根にまで痛みが広がります。また親ゆびにうまく力が入らず歩きづらいなど、痛み以外の症状が出ることもあります。

靴選びや体操などの保存療法で効果がない場合は手術の検討を

根本的な治療は、変形を矯正するために行う第一中足骨の「骨切り術」という手術です。手術後、骨切り部が固定される2~3カ月までは生活に制限があります。また将来にわたって親ゆびの動きが固くなった場合には、スポーツ活動や畳に座る生活に支障をきたすなどのデメリットがあります。

そこで手術を行う前に、まず痛みをやわらげる方法(保存療法)を試みます。具体的には、靴選びと体操、装具療法です。靴は親ゆびのつけ根を押さえつけないよう幅広のタイプを選ぶことが大切ですが、緩すぎる靴は、靴の中で足が前後に動くことで、かえって親ゆびのつけ根が靴と擦れやすくなります。ハイヒールは避け、甲の部分は靴ひもやベルトでしっかり締めておく必要があります。

足のグーパー体操(グーの形をつくるように両足のゆびを閉じて丸め、次にパーの形にゆびの間を広げる)は、親ゆびを正常な方向に開くル肋肉(母趾外転筋)を鍛えるのに有用です。足底に痛みがある場合には、痛い場所への負荷を減らす目的で足底板(アーチサポート)を靴に入れるとよいでしょう。

これら保存療法を行っても、痛みのため仕事や日常生活に支障をきたす場合には、手術療法が考慮されます。先述のように手術にはデメリットもあります。治療法の選択は、足の外科を専門にする整形外科医とよくご相談ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする