動脈硬化は、血圧が高くなると進行しやすくなる

動脈硬化と高血圧の悪循環に

動脈硬化は、動脈が硬くなったり、もろくなったりして血管の中の血液の流れが悪くなり、滞ったり、ふさがってしまったりする現象です。

その動脈硬化は大きく細動脈硬化、粥状動脈硬化、中膜硬化(メンケベルグ型動脈硬化)の3つに分けられます。

細動脈硬化は、比較的細い動脈が硬くなり、内膜が肥厚することで血液が滞る病気で、高血圧と深い関係があります。高血圧の人の細動脈はいつも高い圧を受けることから傷つきやすく、動脈硬化が進行しやすくなります。硬硬く肥厚すると細いだけに流れが悪くなりりやすく、その結果高血圧はますますひどくなってしまいます。

また、脳の細動脈硬化では、弾力性を失った細動脈は血圧に対する抵抗力が弱くなり、袋状に拡張して、小さなこぶ(動脈瘤)を形づくり、これが破れると、脳出血を起こしてしまいます。

粥状動脈硬化は、脳の比較的太い動脈で活性酸素(毒性の強い酸素)によって、血管内皮細胞が傷つけられることから始まります。血管の内皮細胞が傷つくと、そこにマクロファージという白血球がくっつき、悪玉コレステロールをとり込みます。これがドロドロした粥状の物質となって内皮の下にたまっていきます。

すると、動脈の内腔は狭くなり、あるいは完全に閉鎖されるので、そこから先の組織に血液が届かず酸素や栄養素が行き渡らなくなり脳梗塞を起こします。

同じことが心臓を養う冠動脈で起これば狭心症や心筋梗塞になります。

中膜硬化は、動脈の中膜にカルシウムが沈着することによって起こります。カルシウムがたまると石灰化して硬くもろくなるので、血管壁が破れてしまうこともあります。大動脈、下肢(足)の動脈、頚部(首)の動脈に起こりやすい動脈硬化で、大動脈瘤の原因となります。

いずれの動脈硬化も、血圧が高くなると、進行しやすくなります。動脈硬化が進行→血管の内腔の狭窄化→血圧があがる→動脈硬化が進行という悪循環に陥ってしまうのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする