話題の若返り成分エラスチンをとるなら新型エラスチンが安心

中高年になったら、意識的にエラスチンを食事などで補う必要が

体の組織に弾力性や伸縮性をもたらす弾性線維「エラスチン」は、肌や血管の若返りに不可欠の成分ですが、成人以降は減るいっぽうで、40代前半で体内での合成は停止し、50歳では最盛期の半分ほどの量になってしまうと考えられています。

そのため、中高年になったら、意識的にエラスチンを食事などで補う必要があります。エラスチンは、哺乳動物の血管や靭帯、魚の皮や血管などに豊富に存在します。食品では、豚や牛のスジ肉、ハツモト(大動脈)に多く含まれています。

鶏の皮や小魚も、エラスチンの補給源になります。肌の張りや血管の柔軟性を保つには、これらの食品を積極的にとることがとても重要です。

また、最近の研究では、ピタミンAとKに、体内でエラスチンの合成を促す働きのあることもわかっています。ピタミンAは、鶏・豚・牛のレバー、ノリ、モロヘイヤ、ニンジンなどに多く含まれます。ビタミンKは、納豆、抹茶、アシタバ、ホウレンソウなどに豊富なので、これらの食品も併せてとるといいでしょう。

さらに、エラスチンを効率よくとるなら、豚の大動脈やカツオなどの魚の動脈球(大動脈の一部が発達したもの)から抽出した、高純度で質の高いエラスチンである「新型エラスチン」を摂取するのも効果的です。

新型エラスチンを十分に補えば、肌や血管を若々しく保つ

新型エラスチンを配合した栄養補助食品は今、ドラッグストアの店頭や通信販売で各種販売され、美肌栄養として人気を集めているので、ご存じの方も多いでしょう。新型エラスチンには、次のような特徴があるので、中高年のみなさんは、ぜひ活用してほしいと思います。

・吸収しやすい

一般にエラスチンというと、コラーゲンと絡み合っているので水に溶けにくいが、新型エラスチンは、純度が高く小さい(低分子である)ため、体に効率よく吸収される。

・弾力性や伸縮性にかかわるアミノ酸を含有

新型エラスチンは、一般のエラスチンと比べ、弾力性と伸縮性にかかわる特有アミノ酸「デスモシン」と「イソデスモシン」を豊富に含んでいる。特有アミノ酸を豊富に含む良質の新型エラスチンとコラーゲンをバランスよくとれば、肌の弾力性や肌質の改善が期待できる。

・安心できる原材料

新型エラスチンの原料である豚や魚は、長年、人が慣れ親しんだ安全な食材。

以上のように、エラスチンを多く含む食品や新型エラスチンを十分に補えば、肌や血管を若々しく保つのに大いに役立つはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする